Amazon今日のお宝タイムセールはこちら

欅坂46の「ヒールの高さ」MVの意味考察してみた!ここがスゴイ!ポイント解説

欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察についてのアイキャッチ画像

欅坂46「ヒールの高さ」
出ちゃいましたね!

またもや名作。

短い映画みたいな
幻想的な世界観に
グイグイ引き込まれます。

それではさっそく、

欅坂46の「ヒールの高さ」
MVを考察をしていきます。

▼こんな内容を書いていきます。

  • ここがスゴイぞ!歌詞をカンタンに解説
  • ヒールの高さの歌詞
  • MV考察「なぜ守屋茜は海へ飛び込んだ?」
  • MV考察「銀河鉄道の夜」から
    読み解くMVのストーリー
  • MV考察「銀河鉄道の夜」ってどんな話?

ビビ

今回も濃厚な感じになったよw

欅坂46の「ヒールの高さ」のここがスゴイ!

今回もめちゃめちゃ
いい感じですね。

菅井友香さんと
守屋茜さんが織りなす
映画の様な世界観、
音楽の完成度も
非常に高いです。

毎度毎度、
このクオリティを
保ち続けている
スタッフや制作陣にも
本当に感謝です。

この曲、すごいのが
「ヒールの高さ」
というタイトルや、
歌詞の「就職してまだ1年」
という内容から
一見、20代前半の女性
向けた曲だと思いきや、
中年サラリーマン世代にも
ピッタリ当てはまる
内容なんです。

学生にも中年にも
当てはまる様な
二重構造で作られています。

例えば、この歌詞の部分。

朝の駅に電車がつく度、
エスカレーターに溢れる人よ
モノクロの服は
誰が選んだのか
引用:欅坂46「ヒールの高さ」歌詞

この視点が出てくるのって、
就職してもう大分年数経った人の
目線で語られていますよね。

歌詞の中では、
「就職してまだ1年では
学生気分抜けていなくて」

と書いています。
「よし、就職するぞー!」
っとなっている学生気分の
抜けない若者が

「モノクロの服は誰が選んだのか」

なんて疑問を持って
社会全体を俯瞰しているのは
不自然です。

けど、この不自然を
すんなりと自然に入れ込んでいる
ところが作詞の力です。

この一節があるからこそ、
何気なく聞いた中年たちが
ドキッとしてしまうんです。
痛い所突かれたなと。

この一節以外の部分は、
「ヒールの高さ」
「学校」など
学生気分の抜けない
若者に向けて語られています。

けど、最初でドキッとさせて
しまっているので
30代、40代の人でも、
これは

「自分に対する
強いメッセージ」

という風に受け取れる。
そんな風に丁寧に作られている。

最後の方には、
こんな歌詞が出てきます。

嫌いだった学校に寄って
何も分かっていない後輩に
人生とは 偉そうなことを
言ってみたくなった
引用:欅坂46「ヒールの高さ」歌詞

これとかまさしく、
30代、40代の決められた
レールの上に従って
「ちゃんと我慢するのが大人」
だと言われてきた人たちが、

やりがちな内容。

会社の後輩を
飲み屋に呼び出して
人生語りだしてしまう
絵が浮かびます。

若い人でそんな事する人、
めったに聞かないですが、

30代、40代の世代に
とても多いんです。

学校という単語を使っては
いるけれど、明らかに
隠しターゲットは30代、40代です。

それを、

最初の一節からうまい具合に
隠しながらも中年世代に
ズキッと来るようなメッセージを
入れ込む。

「ヒールの高さ」の歌詞は、
まだ作詞情報が
出ていないけれど、

こんな抜け目のない
匠な表現をするのは、
秋元康しかいません。

他の人だった場合は、
その方も秋元さんレベルの
技があるという事でしょう。

本当に毎度毎度、
凄すぎる。。

技術のネタバレ的な
感じになりましたが、
そういう視点で見ても、
欅坂46の作品は
どれも面白いです。

ビビ

いくら何でも凄すぎない……?


欅坂46の「ヒールの高さ」の歌詞

耳コピで書きました。
間違っているところがあれば、
すんません。
最後の一行は
聞き取れませんでした。
聞き取れた人、
コメントで教えてください……。

朝の駅に電車がつく度、
エスカレーターに溢れる人よ
モノクロの服は
誰が選んだのか

就職してまだ1年では
学生気分抜けていなくて
自分の肩書きを 忘れてしまう

子供の頃に
何になりたかったかなんて
思い出せないのは きっと
逆に気付きたくないから

ヒールの高さの分だけ
大人にはなったけど
手が届かない何かがあるよ
あの空の真っ白な雲は
もうどんな形にも
見えないよ

アスファルトは歩きにくいって
今になって気づいたけれど
靴ずれなんてやがて
慣れるのかな 言われたこと
ただ言われたまま
意見なんかは 聞かれていないと
ようやく分かったら 一人前だ
人間関係 いくつになっても
同じさ 微妙なバランスを取って
誰とも揉めないように

ヒールを脱いでしまったら
きっとラクになるのに
ちゃんと我慢をするのが大人
つま先が痛くなってきて
もう遠い場所には行けないよ

嫌いだった学校に寄って
何も分かっていない後輩に
人生とは 偉そうなことを
言ってみたくなった

ヒールの高さの分だけ
大人にはなったけど
手がとどかない
何かがあるよ
あの空の真っ白な雲は
もうどんな形にも見えないよ
(大人だし)

出典:欅坂46「ヒールの高さ」歌詞

※最後の「大人だし」のところは、
諸説あります

欅坂46の「ヒールの高さ」のMV考察

今回キーポイントとなるのは、
MVの中に出てくる
宮沢賢治作の
銀河鉄道という小説です。
その小説とMVが
しっかりと繋がっています。

まずはMVの流れを解説していきます。

欅坂46「ヒールの高さ」MVの流れ

MVの流れですが、
以下の様に物語が進んでいきます。

  • その1
    冒頭シーン
    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その1
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    冒頭シーンですが、
    守屋茜が水の上で浮かぶシーン
    からはじまります。

    台詞部分は、
    「僕もうあんな大きな
    闇の中だってこわくない」

    銀河鉄道の夜でジョバンニが
    カムパネルラに語りかける台詞です。

    この台詞を、ジョバンニが
    どの様な場面で言ったのか?

    というのは、MVとの関連性が
    あるように見せかけて
    実はあまり無いので、
    ここでは割愛します。

    とりあえず、MVの中で
    出てくる語りの部分や、
    文字が出てくるシーンは、
    銀河鉄道の夜に
    敬意を込めてあえて
    似せて作ったオマージュ作品
    という感じで
    覚えておいてください。

  • その2
    守屋茜夢の中へ

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その2:守屋茜夢の中へ
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    守屋茜さん視線を送る先には、
    菅井友香が横になって
    こちらを見ています。

    菅井友香が台詞を言います。

    「きっとみんなのほんとうの
    さいわいを探しに行く」
    ※銀河鉄道の夜に出てくる台詞です

    その後、守屋茜さんが
    手に持つ小説、
    「銀河鉄道の夜」を
    読み上げつつ、次の台詞が入ります。

    「どこまでも どこまでも
    僕たち一緒に進んでいこう」

    そこから夢の世界に入ります。

  • その3
    バスの中へ

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その3:バスの中へ
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    こちらバスそのものが、
    銀河鉄道のオマージュに
    なっています。

    銀河鉄道の夜では、
    りんごをかじるシーンは
    無いけれども、

    銀河鉄道の中で
    「りんご」が登場します。

    この後すぐに

    黒背景に
    白い文字で

    「みんな探してるんだろう。」

    と書かれた画像が入ります。

  • その4
    泳ぐ守屋茜

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その4:泳ぐ守屋茜
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    MVの途中にちょいちょい、
    泳ぐ守屋茜さんが登場します。
    これは、このMVの
    主人公である守屋茜さんの
    心象風景を表しています。

    就職したばかりで、
    社会の波に揉まれている
    主人公の気持ちが
    表現されており、
    歌詞の内容ともリンクしています。
    暗い海の中、
    無我夢中で泳ぎ続ける
    という演出で
    「心の迷い」を表現しています。

    銀河鉄道の夜の、
    とあるシーンとも
    つながりがあるのですが、
    これは後から説明します。

    ちなみに、この後
    しばらくして
    寝転びながら骨付きチキンを
    食べるシーンに移行し、
    その後飛び立つ鳥を見ながら

    「いまこそわたれわたり鳥。」

    という文字が入ります。
    こちらも、銀河鉄道の夜に
    出てくる台詞です。
    銀河鉄道の夜では、
    とくに何の変哲もないシーンで
    この台詞が出てくるため、

    とくに台詞部分と
    MVの意味がリンクしている
    訳ではありません。

    少しややこしいですねw
    ちなみに、この様に
    本のタイトルにもしっかりと
    銀河鉄道の夜と書かれています。

    欅坂46のMVに出てくる銀河鉄道の夜の画像
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

  • その5
    バスから降りる守屋茜

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その5:バスから降りる守屋茜
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    守屋茜さんが
    バスから降ります。
    バスから降りて
    車の上に乗っている
    菅井友香を見つけます。

    その後すぐに文字が入る。

    「ぼくずいぶん泳いだぞ。」

    という文字。

    銀河鉄道の夜の物語では、

    ビビ

    あっ!!危ねぇ!!
    ネタバレ注意
    銀河鉄道の夜をまだ見てない人、
    これから見たいという人、
    ネタバレしたくない人は、
    この項目と次の項目まで
    飛ばしてください

    OK??

    はい、続けます。

    ーーー

    「ぼくずいぶん泳いだぞ」

    この台詞、実は
    銀河鉄道の夜の本編では、

    主人公の友人である
    カムパネルラが川で溺れて
    みんなで探すんです。
    その後、45分間経過しても
    見つからなかった事から、
    あの世へ言ってしまった。
    と断定した後に、

    今もまだ波の間から、
    「ぼくずいぶん泳いだぞ。」と
    言いながら、出てきそうだよね。

    みたいなニュアンスで
    使われています。

    物語と関係するのであれば、
    主人公である守屋茜さんは
    死人のはずだし、
    りんごをかじるところや、
    銀河鉄道の夜の登場人物、
    ジョバンニの行動と
    カムパネルラの行動を
    ごちゃまぜになって
    演じている事から、

    この時出てくる

    「ぼくずいぶん泳いだぞ」

    というMV内の文字は、

    主人公守屋茜が
    歌詞にあるように
    大人の常識に従ったり、
    就職して厳しい現実を目の前にして、
    心の中で悩んだりしている様子を
    銀河鉄道の夜のストーリーに
    なぞらえながら、
    表現していると見る事ができます。

    なので、

    この時の

    「ぼくずいぶん泳いだぞ」

    という台詞は、
    亡くなったとかでは無く、

    心の迷いの程度を表現しています。

    その後、

    「ほんとうのさいわいは、一体何だろう。」
    「僕わからない」

    という文字が入ります。

  • その6
    海に映る銀河

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その6:海に映る銀河
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    菅井友香と守屋茜は、
    バスの上に乗って空を
    見上げます。

    その時の海が
    銀河なんです。

    ここでも銀河鉄道の夜と
    重ねてますね。

    このシーンが
    夢である事も分かります。

    その後、涙を流す守屋茜が
    空を見上げるシーンで
    場面は切り替わります。

  • その7
    夢から覚める守屋茜

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その7:夢から覚める守屋茜
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    場面は切り替わり、
    守屋茜さんが涙を流しながら
    夢から目覚めます。

    その後に隣を見ると、
    猫がいます。

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その8:猫
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    この猫は、実は冒頭で出てきた
    菅井友香と同じです。
    右手に白い布?包帯?を
    巻いていますが、
    菅井友香さんも右手に白い布
    を巻いています。

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その8:猫が実は菅井友香さん
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

  • その9
    微笑む守屋茜さん

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その9:微笑む守屋茜さん
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    そして、最後に守屋茜さんが微笑み
    衝撃のラストへ続きます。

  • その10
    衝撃のラスト

    欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その10:衝撃のラストシーン
    画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

    そして、なぜか場面は
    夢の中のシーンへと繋がります。
    菅井友香さんが守屋茜さんを
    見て、驚いた表情をした後に、

    ザッパーン!!

    っと海へ飛び込む音がします。

    そこから、
    このMVの最初のシーン
    に繋がります。

    MV最初のシーンも、この
    最後のシーンで出てきた
    海面が銀河になっている
    表現と同じく、
    銀河のようなマルが見えています。

ビビ

とりあえず、ややこしい流れ
になっているので、
こうやって流れを説明しないと、
次へ進めなかった……。

なぜ飛び込んだのか?など
含めて解説します。

物語のカギは
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」
にあります。


欅坂46「ヒールの高さ」に出てくる「銀河鉄道の夜」のストーリー

銀河鉄道の夜の物語を、
カンタンに説明すると
以下のようになります。
もう何十年も前の小説です。

ネタバレあり
改めて書くけど、銀河鉄道の夜の
ネタバレです。今後、特に小説を
読む気ないって人だけ
この先見てね

書いてたらちょっと長くなりました。
だいぶ省略してるけど、
大まかこんな感じの内容です。
長いと思ったら、この項目は
飛ばしてね。

いじめられっ子のジョバンニが
バイトした後に家に帰ると、
牛乳が配達されていない事に気づく
病気の母親に飲ませるため、
街外れの牧場(牛乳屋)に行く。
(牛乳は断られる)

途中で、お祭りに参加する途中の
クラスメイトにバカにされ、
孤独を感じ、悲しい気持ちになりながら、
丘の上で寝転がって星空を眺めていると
「銀河ステーション」という
アナウンスが聴こえ、

強い光に包まれて
気がつくと銀河鉄道に乗っていた。

唯一の友人であるカムパネルラも
何故か乗っている。

そこは、水晶細工でできた
植物や美しい景色が広がり、
きれいな海岸で化石を発掘する人
鳥を掴まえて押し花のように
して売っている鳥捕りの男、
(その鳥は食べたらチョコの味がする)
だったり、不思議な人たちが沢山いる。

新しい乗客にどうやって来たか?
尋ねると、

船が氷山に衝突して沈んで
気づいたらここに居たという。

本当の幸せ「さいわい」
ってなんだろね。

的な会話を繰り広げる。
途中、ジョバンニが
ルビーよりも赤くて
綺麗な火を見つけ、
それが「さそりの火」
だと言う事を知る。

ビビ

さそりの火について
本編では少し長いので
シンプルに説明するよ

「さそりの火」について、
カムパネルラは父から
聞いた話をジョバンニにする。

小さな虫の命を奪い、
それらを食べて
生きていたサソリは、
イタチに見つかって
食べられそうになる。
奪う立場から
奪われる立場になって
奪われたもの達の気持ちを
痛感しつつ祈りながら
逃げる途中で井戸に落ちる。
その時サソリは、
「あぁ、今まで命を奪ってきた
のに、こんな時になぜ素直に
命を差し出せなかったか。
こんなんなるより、
命を差し出していれば、
イタチの命も救えたのに。
あぁ、どうか私の命を使ってください。

そう言ったらいつか、
体が真っ赤な美しい火になって
みんなの役に立つようになった。

その話を聞いた後、

天上と言われるサウザンクロス駅で
ほとんどの乗客は降り、

ジョバンニと
カムパネルラは残される。

二人は

「ほんとうのみんなのさいわい(幸せ)」
のために共に歩もうと
誓いを交わす。

その後、

車窓にあらわれた
大きくて黒い穴(石炭袋)
を見て恐怖に包まれる。

カムパネルラはジョバンニに
励まされた後、

「あすこにいるのぼくのお母さんだよ」

っと言い残し、
ふと目の前から居なくなってしまう。

1人丘の上で目覚めた
ジョバンニは、
再度牛乳屋へ行き、
牛乳をもらう。
川の方へ向かうと、

子供が落ちたと知り、
カムパネルラは
ジョバンニをからかった
ザネリが川に落ちた時に、
救って溺れて行方不明らしい。

ジョバンニは、
カムパネルラはきっと
あの銀河の外れにいるんだと
思い胸がいっぱいになる。

ジョバンニの元へ、
連絡が取れなくなっていた
父が帰ってくる話を
カムパネルラの父伝いに聞いて
またも胸いっぱいになり、
母親へ早く知らせようと
牛乳を持って一目散へ駆け出した

という話です。

欅坂46「ヒールの高さ」と銀河鉄道の夜の共通点

先程のストーリーを見て分かる様に、
夢オチという点と、
水に飛び込むという点、
ジョバンニが1人孤独を感じて
辛い気持ちをした事と、
歌詞の内容などなど。

繋がっている点が多いです。

このMVも夢から醒めた後に、
飛び込むという順番も
銀河鉄道の夜と同じです。

欅坂46「ヒールの高さ」の守屋茜はなぜ飛び込んだ?

では、なぜMVの
主人公である守屋茜が
飛び込んだのでしょうか?
本編でカムパネルラは
川に飛び込む事で
亡くなっています。

不幸のはずです。
なぜ飛んだのでしょうか。

実は、これMVの順番を
意図的に入れ替えて
銀河鉄道の夜に近づけている
だけなので、

実は現実では飛び込んでないんです。
実際は、以下のシーンで
MVのストーリーは終わりです。

欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その9:微笑む守屋茜さん
画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

夢の中で主人公は、
銀河鉄道に乗り、
「本当の幸せとは?」何か。
なんとなくサソリの話含めて
ヒントを得ました。

夢の中で

「きっとみんなのほんとうの
さいわいを探しに行く」

と決意を固めて、
その後に目覚めるんです。

それで、カムパネルラが
亡くなった事以外は、
次々と良い知らせが来て、
吹っ切れたように走り出します。

このMVでも同様に、
悩みに悩み、
銀河鉄道に乗った後、
目が覚めた主人公は、
微笑むんですよ。

この画像の時に、微笑みます。
これでMVは終わりです。

次のシーンは、
夢の中のシーンです。

欅坂46「ヒールの高さ」MVの考察その10:衝撃のラストシーン
画像出典:欅坂46「ヒールの高さ」MV

このシーンですね。
この後主人公の守屋茜が
飛び込みますが、これは、
夢の中の場面なので
別に主人公が

命を投げて
あの世に行きました。

みたいな話ではないです。

逆に、

夢の中で天の川へ飛び込んで、
最初の海の上で
プカプカ浮かぶシーンに
繋がる訳なので、

とてもポジティブな意味合いです。

夢から覚めた後、
微笑んでますし。

という事で、

MVの順番を
意図的に変える事で、
「銀河鉄道の夜」との
共通点をわざと繋げて
印象づけた。

という感じです。


まとめ

あぁああーー!!

まとめるの、
めちゃめちゃ大変やった……。
タイトル文字を横に傾けたら、
ヒールのイラストになる。

とかは、知ってる人多いと
思うから、省略しておくね……。
(トップ画像見たら確認できるよ)

ビビ

発表されてから、
まるまる10時間以上!!
考察するって毎度毎度、
大変ですねw

まぁー楽しいから
良いんですけど

という事で、

あくまでも自分なりに
考えた考察になります。

物語をより一層楽しめるように、
参考にして頂けたら嬉しいです!

ビビ

ちょっとでもいいかも!と
思ったら、拡散してね!
それじゃあ良い欅坂46ライフを!

No bodyも最高すぎたよな……。
なんだ、神か、神なのか……。

4 Comments

名無しの欅オタ(みいちゃんべりか推し)

最後の歌詞は「もうどんな形にも見えないよ 大人だし」だと思います。
間違っていたら申し訳ないです。

返信する
ビビ

>>名無しの欅オタさんコメントありがとうございます!

「大人だし」という内容を記事に追加しました!
感謝m(_ _)m

返信する
匿名

子供の頃に何になりたかったかって
思い出せないのはきっと
『ギャップ』に気づきたくないから
です!!!!
逆にってきこえますよね笑

返信する
匿名

モノクロに疑問を持つのも学生の後輩に偉そうに「社会人とは」と説教しにいくのもいかにも社会人1年目な気がしますが。。。どう意訳しても中年の歌には聞こえない。。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。