掘り出し物多数!Amazon本日限定のお宝タイムセールはこちら

米津玄師の「POP SONG」MVと歌詞の意味考察してみた!ここがスゴイ!ポイント解説

米津玄師のPOPSONG歌詞の意味とMVの意味考察記事のアイキャッチ画像

米津玄師さんの
「POP SONG」!

公開直後にすぐに
YouTube急上昇ランキング1位という
とんでもない伸びを見せています。

渋谷109にも大きな広告を載せて
話題になっています。

米津玄師_POPSONG_渋谷109

ビビ

いやー!素敵過ぎる!

という事でさっそく
米津玄師の「POPSONG」
MVと歌詞の意味を考察
していこうと思います。

  • POPSONGとLOSERとの類似点
  • 123の意味は?
  • 全部くだらねぇ!の意味とは?
  • 曲名「POPSONG」の意味は?
  • 米津玄師演じる奇抜なキャラはなんなのか?
  • 兵士の意味は?
  • 白い鳩の意味は?
  • プレステのコントローラーの意味は?

ビビ

などなど疑問点について
色々書いています。
次の項目はただの感想なので飛ばしてOK!
次の次から考察に入ります!

米津玄師の「POPSONG」ここがスゴイ!

まずはシンプルにMVと曲を聴いた後の感想ですが、
まずは椅子から立ち上がり拍手をしました。
いやー最高すぎる。

毎回一定の驚きと感動を
提供し続けてくれる米津玄師さん……

ビビ

ツインテールの格好!何?自転車乗ってる!
猫脚のバスタブかわいい!米津さん!踊ってる!
素敵!マジハンパねぇ!ヤベェ!!!

という語彙力ゼロの感想が浮かび、
大喜びしていましたが
ちゃんと感想を書くとすれば

今回はこれまでの曲と比べてかなり
シンプルな曲の作りになっていますね。
米津さんの得意な声や咳などの音を入れる訳でもなく
POPSONGの名前の通り、万人受けする様な
作りになっています。ですが、やはり米津玄師。
歌詞の部分にメタ的な要素が散りばめられています。

(「メタ的」が分からない人向けに雑な解説をすると、
漫画の主人公が「私は漫画の主人公だ!」と
自ら言及する様な演出。つまり、
物事のひとつ上の概念で出来事を把握する事を
メタ的な◎◎とか言ったりします。)

そのメタ的な要素については後ほど解説しますが、
そんな難しそうな事を表現しなくとも、
今の世の中でここまで奇抜な格好で登場してくれる
米津玄師さんが与える影響(普通からはみ出してもOK)
というメッセージは多くの人に勇気を与えるものだと思いました。

そして、見落とされがちなのが
演技の部分ですよね!

これまでダンスもイラストも動画制作などでも
そのスキルを遺憾なく発揮してきた
何でも出来るマンの米津玄師さんですが、

「表情豊かな演技」というのは
これまであまり多くは無かったですよね。
「感電」の時に少し表情の豊かさを見せましたが、
ここまで思い切って表情に変化を付けているのは
初だと思います。

米津玄師さんがPOPSONGの中で見せる表情豊かな演技のシーン
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

その点がこれまでとは
異なる点だと思いました。
その辺の心情とかも今後インタビューなどで
語られる事があれば重要な発言のみ抜粋したりして
追加していこうと思います。

感想は長くなっちゃうので、
この辺にしといて考察に入ります。

米津玄師の「POPSONG」歌詞

それでは歌詞の意味を考察する前に、
歌詞がないと考察ができないので
研究考察という目的で
米津玄師の「POPSONG」の歌詞
載せておきます。

ちゃらけた愛を歌ってるベイビー
煌めいてシックなメロディ
誰も見当たらない 夜がまたひとつ
頭空っぽチープなハーモニー
誰だって愛されたいのに
いらないことばかり口をつく始末

どうしちゃったの皆
そんな面で見んな
まともじゃないよあなた方
はぁ 喧々諤々 さんざっぱら
雨に唄えば なんて晴れやかだ
さぞかし 大層楽しかろう
あーりんりんらんらん あっぱっぱらぱー

123で愛をこめて
もう一生遊ぼうぜ
準備してきたもの全てばら撒いて
そうさ どうせ何もかも
全部くだらねぇ
君だけの 歌うたってくれ
それもまた全部くだらねぇ

だらけた恋がしたいのさレイディ
モラリスト呆れるセオリー
嫌な事ばかり 春が過ぎてゆく
猫脚のバスタブでフライバイ
飛んじゃってお茶の子さいさい
唱える呪文はビビデバビデブー

我がストーリー 愛の成す通り
生きてたい夢中に 全てが遊びのように
異常にくだらねぇよ何もかも
君だけの歌うたってくれ

どうかしてるどうかしてる
あいつも そいつも みんな変だ
ちょっとついてけない 楽しめない
イかれてるエクスタシー
どうかしてるどうかしてる
全てが全部くだらねぇんだ
君だけの歌うたってくれ

素晴らしいほど馬鹿馬鹿しい
これぞ求めてた人生
君は誰だ 教えてくれよ
どうせ何もないだろ?

喧しいこと甚だしい
これぞ価値のある人生
誰でもいいけど君がいいんだよ
愛を歌っておくれ

それもまた全部くだらねぇ

引用:米津玄師「POPSONG」歌詞

米津玄師の「POPSONG」歌詞の意味考察

それではMVの考察にいく前に
歌詞の意味をブロックごとに考察していきます。

今回の歌の構成は以外にも
過去作のLOSER(ルーザー)に近い
構成になっていると思います。

冒頭部分の類似点を見ていきましょう。

POPSONGの歌詞とLOSERの類似点

歌詞の構成としては冒頭部分に
孤独を歌う内容になっています。
今回の歌詞では
「誰も見当たらない夜がまたひとつ」
というフレーズではっきりと
孤独である事を歌っていますね。

ちゃらけた愛を歌ってるベイビー
煌めいてシックなメロディ
誰も見当たらない 夜がまたひとつ
頭空っぽチープなハーモニー
誰だって愛されたいのに
いらないことばかり口をつく始末

引用:米津玄師「POPSONG」歌詞より

「じゃらけた」という表現は、
米津玄師さんの出身地である徳島県の方言で
「ふざける」という意味合いの言葉です。

恐らく街中か家かテレビか何処かで
音楽が流れてきたのでしょう。
「ふざけた愛を歌っているな」
誰かの歌を聞きながら
要らないことばかりが口に出てくるぐらい
ふてくされた孤独な夜であるという意味です。

※2月12日追記※
当初は耳コピで歌詞を聞いて考察していて、
「じゃらけた」に聞こえていたので、
上では「じゃらけた」と書いてはいますが、
公式の歌詞では「ちゃらけた」が正解らしいです。
ただ、ナタリーでのPOPSONGのインタビューで
米津玄師さんは

『要は故郷とか、ローカルであるということ。
帰属意識と言ってもいいかもしれない。
それが自分にはあまりないし、
どこかに属したくないと思う部分がすごくある。』

と話していましたが、
結果的に地元の方言とよく似た言葉を
チョイスしているのは興味深い点です。
日本語でちゃらけるというのは、
徳島方言と同じく「ふざける」の意味ですが、
通常はちゃらけた愛という表現は
なかなか使わないとは思います。

ただ、ふざけた愛を歌っているなと誰かの
歌を聞きながら感じた孤独な夜であるという
解釈には変わりはないです。

LOSERでは以下の様に冒頭で
▼孤独を歌っています。

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや懲り懲り
もうどこにも行けやしないのに 夢見ておやすみ
いつでも僕らは こんな風に ぼんくらな夜に飽き飽き

引用:米津玄師「LOSER」歌詞より

ハッキリと孤独を歌っていますね。

米津玄師さんあまりに天才過ぎて
有名過ぎる現状、ずっと孤独を感じている気がします。
どの曲も「孤独な毎日にふてくされている」という
状態になっており、かなり苦しそうな状況が伝わります。

そして、次はどこかみんなに語りかける中で
▼現状を疑問視する声になっています。

どうしちゃったのみんな
そんな面で見んな
まともじゃないよあなたがた
あー喧々諤々 さんざっぱら
雨に歌えば なんて晴れやかだ
さぞかし 大層楽しかろう
りんりんらんらん あっぱっぱらぱー

123で愛をこめて
もう一生遊ぼうぜ
準備してきたもの全てばら撒いて
そうさ どうせ何もかも
全部くだらねぇ
君だけの 歌うたってくれ
それもまた全部くだらねぇ

引用:米津玄師「POPSONG」歌詞より

LOSERでは

「ここはどうだ楽園か?」
というメッセージになっている箇所ですね。
本作品では「どうしちゃったのみんな」という
疑問になっています。

喧々囂々(けんけんごうごう)さんざっぱら

こちら喧々囂々はやかましく騒ぎ立てるという意味です。
SNSで一般の方々が投稿する様子を
見て言っていると思われます。

さぞかし たいそう楽しかろう
りんりんらんらん あっぱっぱらぱー

ちなみに「凛々爛々(リンリンランラン)」というのは
「勇ましく凛々しく輝く様子」
という意味合いです。
あくまでも耳コピで書いてるので、
後ほど公式が出す文字が間違っていたらすみません。
恐らくこれで正解なのかな?と思います。

一度現状を疑問視した後に
喧々囂々のくだりで「まともじゃないよあなた方」
という視点で眺めています。

ここはLOSERでは

踊る阿呆に見る阿呆 我らそれを端から笑う阿呆

引用:米津玄師「LOSER」歌詞より

と表現されている部分と重なりますね。
他にも「123で愛を込めて もう一生遊ぼうぜ」の部分は
「ここいらでひとつ踊ってみようぜ」
という部分と重なります。
「何もかも全部くだらねぇ」と投げ捨てる感じは
「今に 灰 さようなら」というLOSERの歌詞とも
通づるものがあります。

一貫して

現状を抜け出して
もっと自分を表現していこうよ!
踊っていこう!進んでいこうよ!

というメッセージですが、
最初に孤独の描写を入れる事で
視聴者の心寂しい現状や一般の人達にも
受け入れられる自分事にできる状態まで
落とし込んでいます。

ここら辺のバランスが多くの人の心を
掴むポイントだと思います。

米津玄師さん自身が恐らく、
現状に対して懲り懲りして
ふてくされるぐらいの孤独を感じていて、
それが歌詞に滲み出ている点、

また、どちらの歌詞も冒頭に孤独の描写を入れており、
視聴者に対する応援のメッセージと共に、
自分に対する現状を疑問視した歌詞になっています。
LOSERとPOPSONGの面白い共通点ですね。

歌詞の部分を考察しすぎるとMVの解説に進めないので
後少しだけ歌詞の考察してMVに進みます。

ビビ

歌詞の解説、もう少しお付き合い下さい!

米津玄師「POPSONG」の歌詞123の意味は?

こちらについてはもう答えが出ていますね。
123はプレイステーションの合言葉になっています。
プレイステーションのCMソングとして採用されているので、
プレイステーションに合わせて
「123」という言葉を使っています。

ただ少し面白い点が、米津玄師さんが
視聴者に向けるメッセージと共に
プレイステーションの企業側に対して勇気づけようとした
メッセージにもなっているのかなと思いました。

123で愛をこめて
もう一生遊ぼうぜ
準備してきたもの全てばら撒いて
そうさ どうせ何もかも
全部くだらねぇ
君だけの 歌うたってくれ
それもまた全部くだらねぇ

引用:米津玄師「POPSONG」歌詞より

こちらの

「準備してきたもの全てばら撒いて」

の部分ですが、こちらはプレイステーションが
今後プレイステーション作品を月額(サブスク)で
遊び放題プレイできるサービスの発表が
控えているらしく企業側から見たら
勇気づけるメッセージと共に企業側の現状の
サブスクをばら撒く前の状況を表現していそうですよね。

一般的な視聴者の視点で見れば
元々はLOSERの様な勇気づけるメッセージが
含まれているので

「準備してきたもの」というのは
人生においてこれまで用意してきた様々なものを
解放して自分だけの歌をうたってくれ!
という様なメッセージになっていると思いますが、

企業側に対しても「自分事」にさせる事ができる
言葉のチョイスは改めてスゴイと思いました。

「それもまた全部くだらねぇ!」の意味は?

こちらについては現時点でまだ歌詞の公式発表がなく、
耳コピしているので、
「それもまた全部くだらねぇ!」
正解かとは思いますが他の言葉だった場合は
意味が3パターンに分かれます。

まずは「それもまた全部くだらねぇ!」
という歌詞が出てくる所を抜粋してみます。
以下の歌詞ですね。

123で愛をこめて
もう一生遊ぼうぜ
準備してきたもの全てばら撒いて
そうさ どうせ何もかも
全部くだらねぇ
君だけの 歌うたってくれ
それもまた全部くだらねぇ

引用:米津玄師「POPSONG」歌詞より

素晴らしいほど馬鹿馬鹿しい
これぞ求めてた人生
君は誰だ教えてくれよ
どうせ何もないだろ
やかましいこと甚だしい
これぞ価値のある人生
誰でもいいけど君がいいんだよ
愛を歌っておくれ
それもまた全部くだらねぇ

引用:米津玄師「POPSONG」歌詞より

最初の歌詞の時は

それもまた全部くだらねぇ

とハッキリと言っていますが、
上記2番目、この曲一番最後に出てくる

愛を歌っておくれ、
それもまた全部くだらねぇ

と言う時の「くだらねぇ」の部分は
よく聞くと

全部「草」だね

にも聞こえます。ただ、
流石に米津玄師さんが「草w」みたいな
単語を使うとは思えないので、
(SNSで投稿している人達へ向けての警笛の意味だとしたら、
可能性がありですが、この路線の可能性は
少ないかなと思います)

もうひとつの意味合い、方向性として
以下の歌詞である可能性もあります。

それもまた全部腐らねえ

ただ最初で「全部くだらねぇ」とは
ハッキリ言っているので
一応、「全部くだらねぇ」の意味を
正解と見て書きます。

せっかく応援する様な歌詞として、

君だけの歌を歌ってくれ!

という方向で話していたのに、
最後の方でいきなり

それもまた全部くだらねぇ

という意味合いで話しています。
これは恐らく、

最後の以下の部分が重要だと思います。

素晴らしいほど馬鹿馬鹿しい
これぞ求めてた人生
君は誰だ教えてくれよ
どうせ何もないだろ
やかましいこと甚だしい
これぞ価値のある人生
誰でもいいけど君が良いんだよ
愛を歌っておくれ
それもまた全部くだらねぇ

引用:米津玄師「POPSONG」歌詞より

最初のくだりで恐らくSNS上での一般人の
投稿などを見て疑問視している流れがあったので、
(以下の箇所です)

どうしちゃったのみんな
そんな面で見んな
まともじゃないよあなたがた
はぁ 喧々諤々 さんざっぱら
雨に歌えば なんて晴れやかだ
さぞかし 大層楽しかろう
りんりんらんらん あっぱっぱらぱー

引用:米津玄師「POPSONG」歌詞より

そこと繋がっていると思われます。

素晴らしいほど馬鹿馬鹿しい
これぞ求めてた人生
君は誰だ教えてくれよ
どうせ何もないだろ
やかましいこと甚だしい
これぞ価値のある人生
誰でもいいけど君がいいんだよ
愛を歌っておくれ
それもまた全部くだらねぇ

引用:米津玄師「POPSONG」歌詞より

なぜ

君だけの歌をうたってくれ!

と言った後に

それもまたくだらねぇ!

と言うのかと言えば、
結局のところ、

自分が作った物語がSNSなどで
誰かの手によって
塗り替えられてしまうからですよね。

米津玄師さんの考察的な記事もそうです。

ナゾの男

お前が言うな……

ビビ

すんません……
(考察として「こうです!」と
断定する表現が多用されるけど、
あくまでも1つの視点として、
考察として楽しんでね)

どれだけ有名になって自分の歌を作っても
それらを色んな人の手によって塗り替えられてしまう。
また、一時期「米津玄師さん」をデスノートの
●●みたいな事言ったり、米津玄師さんの替え歌を作ったり
コラ画像やコラ動画などが出回る事がありましたが、

それもそうですよね。

そんな色々な現状に対して

皮肉を込めて

「素晴らしい人生だ!
これが求めていた幸せ?」

と問う様な意味合いがあると思います。
そして、その後に

君は誰だ教えてくれよ。
やかましいほど甚だしい
どうせ何もないだろ

と言っているのです。
甚だしいというのは、
非常識とか度を越えてという事なので、
恐らく考察記事が云々というよりも、
コラ画像などが出回った事などに重きを置いて
言っているのだと思います。

最近では映画でもドラマでもMV制作でも
明らかに考察される事を意識して
作るのなんて今は常識なので、

度を超えるというのは、そういう悪い画像などに
対して言っている内容だと思われます。

なので、

これを見ている皆さんには
あえてお伝えしておきたいのですが、
YouTubeのコメント欄で米津玄師さんを誹謗中傷したり、
常識を超える様な非常識なネタ的な内容
(顔写真のコラ画像とか作って遊ぶ事)
とかは避けて頂けるとファンとしても
とてもありがたいですm(_ _)m

記事の一番最後の方で、最近の考察班についての
現状に対する疑問などが少しあるので
そちらはあとがきの方に書こうと思います。

ビビ

気になる人は読んでみてね!

※2月12日追記※

最後の歌詞は

「全部くだらねぇ」

で正解でした★

ただ、全部くさだね、腐らねぇの様にも聞こえるような
ニュアンスで歌っているというのは、
もしかして、米津玄師さん自身が
ナタリーのPOPSONG最新のインタビュー記事で

「歌い方を変えたいです。実はこれまでも
5年単位くらいで緩やかに歌い方を変えているんですよ。
声は楽器であるけれど、1つしか持てないから、
どうしても飽きてくる。
ギターを持ち替えるような感じで歌声を持ち替えるような。
30代になってもう少し違った歌の聴かせ方が
できたらいいなとここ最近はすごく思っています。」

と言っている様に同じ言葉を違うニュアンスで
伝えるような練習をしているとも取れます。

もしこれが本当に

「全部草だね」「全部腐らねぇ」
というニュアンスまでも持たせようと試行錯誤
した結果の歌い方(どちらにも聞こえる歌い方)だとしたら、
米津玄師さんは音楽業界にまた新しい技法を
誕生させようとしているのかもしれません。
その辺、要チェックですね。

ビビ

技法的に新しすぎるしやばすぎる……。

ビビ

ナタリーの音楽記事に関しては最後にリンクを載せているよ

米津玄師「POPSONG」曲名の意味は?

この曲名の意味合いとしては、
先程書いた内容と通づるものがあります。
小ネタとしては略したら「PS」になり、
プレイステーションの略名「PS」と重なる
というものがありますが、

実際の意味合いとしては、

「大衆的な」という意味合いのポップという言葉を
使った事に大きな意味があると思います。

先程は、
「大衆に対しての疑問視」
の意味合いが強く
込められていましたよね。

君は誰だ教えてくれよ。
やかましいほど甚だしい
どうせ何もないだろ

という様なまさに一般的な人達、
大衆の動きを見た後で、
SNSで動く人達に疑問視する様なメッセージでした。
つまり、

君の歌を歌え!
それもまたくだらねぇ

と言っている訳ですから、
POPSONG。大衆的な曲を歌っても、
大衆にかき消されて意味が上塗りされてしまう。
どんどん形骸化していってしまう。
けど、それでも愛の歌、あなただけの歌を
歌うことに価値がある。

どれだけ塗り替えられてもあなただけにしか
歌えない、奏でる事のできないメロディーを
歌う事が重要なんだ。

というメッセージですよね。
そういう意味で、ロックソングでも、
ライトミュージック(軽快な音楽)
という曲名でもなくて、

大衆的な

という意味を使う事で、

曲を聞いている人をさらに俯瞰させて
「現状を改めて考えさせよう」という
工夫だと思います。

その上でプレイステーションの略名と
同じ「PS」になる構造まで考えてるのだから
やっぱり米津玄師さん、天才過ぎてヤバいです。
この曲名にする事で、メタ的な演出、
メタ的な意味を込めている感じですね。

ナゾの男

天才すぎる……

ナゾの男

それな……

米津玄師「POPSONG」のMVの考察と意味解説

この項目では「POPSONG」MVの考察をします。
まずこのMVがどんなストーリーで
一体何を表現しているのか?また、
兵士はなんの意味があるのか?など
細かく解説していきます。

米津玄師「POPSONG」の兵士の意味は?(スパルタクス)

米津玄師_POPSONG_スパルタカス(兵士)の意味解説
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

この兵士は兵隊でもなんでもなく、奴隷の剣闘士です。
古代ローマでは奴隷の中で戦士として使えそうな人は
剣闘士(剣で戦う人間)として訓練され、
お金持ちや権力者達が剣闘士同士を
命がけで戦わせたり、動物と戦わせたりするのが
見世物になっており、当時の娯楽でした。

ナゾの男

闘技場で命がけで戦わせるみたいなのって
漫画でしか聞いた事なかったが、
本当にあったんだ……。
最悪すぎる……

そうした奴隷の中の剣闘士が
この兵士のような人達です。

そして、

プレイステーションはプレステのゲームを
月額(サブスク)で遊び放題できる様なサービスの
公開を控えています。そのサブスクサービスの名前が
「スパルタクス(Spartacus)」
という名前なんです。

スパルタクスというのは、この奴隷の
剣闘士達の中で

「この現状を
どうにかしようぜ!!」

と仲間を集めて反乱を起こした
指導者の名前です。この人ですね。

米津玄師のPOPSONG_スパルタクスの石像

ビビ

ティンコロの部分は隠しているよ……。
流石にね……。大人だから。

なんと3万人の奴隷たちを集めて
反乱を起こしたとされています。
横浜スタジアム満員になるぐらいの人を
一人で集めたってすごいですね……。

※2月12日追記※

各ニュースメディアなどでは
単純にこのスパルタクスを
兵士と呼んでいますが、

兵士として出演したエキストラの人達を別角度から
見てみると胸のところに実はスパルタクスとして
戦うような絵が一人ひとりの兵士の胸元に刻まれているので、
スパルタクスという解釈で正しいとは思います。

米津玄師_POPSONGのスパルタクス兵士の胸元の写真
画像引用:エキストラとして参加したWWSofficial1さんより
twitter.com/WWSofficial1/status/1490634863258472448/photo/1

「POPSONG」の奇抜な格好をした米津玄師さんの意味は?

米津玄師_POPSONG_変身後の米津玄師さん
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

こちらは変身した米津玄師さんです。

この米津玄師さんはネイルを見てみても
爪から大きく外れた部分に色が塗られています。

まさに「ハミ出し者」という様な意味合い。
ピエロの様な意味合いとして
一般的な常識から外れている象徴として
表現されていますね。
こちらのキャラクターの詳しい意味合いは後ほど
ストーリー解説のところで解説します。

米津玄師「POPSONG」のMV全体のストーリー把握

剣闘士と奇抜なキャラクター意味を説明をした所で、
全体のストーリーの流れを
まず把握していきましょう。

「POPSONG」MVのストーリーその1「空を見上げる」

米津玄師_POPSONG_ストーリーの意味解説
米津玄師_POPSONG_スパルタクス(剣闘士)の意味解説
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

まずは剣闘士が空を見上げる所からはじまります。
奴隷の中でも希望を忘れず上を見上げようという
メッセージですね。
こちらは最後のシーンと繋がってきます。

米津玄師_POPSONG_米津さん変身前のカット
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

そんな中空を見上げた剣闘士
(希望を忘れずに居た剣闘士)にだけ、
プレイステーションのコントローラを模したものが
飛んで来て額に当たります。
この空を見上げるシーンなど見落とされがちですが、
とても大事なシーンだと思います。
遊びの象徴でもあるプレステがぶつかるので、
「遊び」を忘れないで居た人が
目覚めたと言ってもいいですね。

「POPSONG」MVのストーリーその2「変身した米津玄師さん」

米津玄師_POPSONG_変身後の米津玄師さん
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

奴隷の中で空を見上げたものだけに
「遊び」を象徴したプレステコントローラー
額に当たり、変身した米津玄師さんです。
自分を抑圧して解放せずに居る奴隷達から
はみ出した「遊び」を表現した者なので、
この様な奇抜な格好になっており、
ネイルもはみ出して塗られている
演出になっています。

「POPSONG」MVのストーリーその3「剣闘士と戦う米津さん」

米津玄師_POPSONG_スパルタクスと戦う米津さん
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

そんなハミ出しものの遊びを忘れない、
子供の心を忘れず自分を解放した米津玄師さんが
剣闘士の中を歩きます。

剣闘士は怯えて様子を伺っています。
この剣闘士達は仲間であるはずの米津玄師さんを
疑いの目で観て怖がりながら勝負を挑もうとしています。

このシーンでは

自分を表現する事への恐怖心

を表現しています。

「POPSONG」MVのストーリーその4「あっち向いてホイ」

米津玄師_POPSONG_じゃんけんするシーン
米津玄師_POPSONG_あっち向いてホイ
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

ここではあっち向いてホイをして
剣闘士が負けています。

自分らしく生きる主体性(自分の意志に基づいての行動)
を発揮していない奴隷として生きる剣闘士は
「あっちを向け」と言われて
まさに言う通りにあっちを向いて
負けているんです。

人に従って負けています。

かんたんな勝負と言えど
相手に流される様な形になって負けています。

対して米津玄師さん側は、
自分で行動して主体性を発揮して
勝つ側に来ています。

主体性の無さ、自分で考えて自分で行動する事の重要さ。
などを勝負と絡めて表現しているあたりは、
確かにあっち向いてホイというゲームが
表現する上では最適な材料ですよね。

とても秀逸な表現だと思います。

ナゾの男

シンプルに「表現の奥深さ」が
感じられてすげぇな……。

「POPSONG」MVのストーリーその5「自転車」

米津玄師_POPSONG_自転車にPSのマークがあるシーン
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

その後、米津玄師さんは自転車に乗って
遊びながら奴隷達をかき分けます。
この自転車は小ネタとしてプレイステーションの
ボタンのマークである「□△○✗」という
マークが入っています。
素敵な遊び心ですよね。

「POPSONG」MVのストーリーその6「恐怖と不安を向けるスパルタクス」

米津玄師_POPSONG_不安と恐怖を向けるスパルタカス
米津玄師_POPSONG_米津に襲いかかるスパルタクス
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

その後は、米津玄師さんを
一斉に弓矢で狙ったり
襲いかかったりするスパルタクス達。

これらは

自分を解放する際の不安と恐怖

を表現しています。そもそも仲間だった
剣闘士が変身してハミ出し者になったとしても
剣闘士達は奴隷に疑問を持っている訳で、
何もしていない仲間を成敗しようとしないですからね。

また、近くで攻撃すればいいものの、
恐る恐る弓矢で攻撃している所も
それを裏付けていると思います。
最後のシーンでもそれらを裏付ける描写が出てきます。

自我としての表現がここでの剣闘士達ですね。
襲いかかるアクション、それらを振りほどく
米津玄師さんの構図はマトリックス旧作の演出にも
とても似ています。

マトリックスのエージェント(サングラススーツマン)も
自我(防衛本能・不安や恐怖)としての
表現と考えれば意味合いとして
とても重なる部分があります。

「POPSONG」MVのストーリーその7「踊る米津玄師さん」

米津玄師_POPSONG_踊る米津さん
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

その後は、背景が暗めの空間で米津玄師さんが
踊りながらバスタブに猫脚が付いた状態の
演出などが出てきます。

剣闘士はオモチャの兵隊の様な感じに
デフォルメされており、規律正しく行進している一方で
ここでも米津玄師さんは剣闘士達とは
ひとつズレた境界線で踊る側になっています。

まさにハミ出し者としての演出ですね。
また、ここで米津玄師さんはオモチャの兵隊に
襲われそうになるのですが、

米津玄師_POPSONG_おもちゃの兵隊に襲われるシーン

米津玄師_POPSONG_襲われる米津さん
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

結局、ハミ出し者の側で踊っているからか、
境界線を越えてオモチャの兵隊が来る事なく、
無事そのまま踊り続けるという演出があります。

「POPSONG」MVの白い鳩の意味は?

米津玄師_POPSONG_攻撃をかわす米津さん
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

その後は、剣闘士と米津玄師さんとの
戦いが繰り広げられていきますが、
攻撃をひらりとかわしながら
米津玄師さんが歩きます。

そんな中、

「君だけの歌うたってくれ」

という歌詞のタイミングと合わせて
ハミ出し者の米津玄師さんが剣闘士の胸から
白い鳩を出現させます。
(2分31秒頃に出てきます)

米津玄師_POPSONG_白い鳩が出てくるシーン
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

とても分かりやすいメッセージですね。
君だけの表現をしよう!自分を解放しよう!
あなたの本音で生きよう!

そうする事で平和が訪れるという
意味合いです。
「遊び」の象徴としての意味合いであれば、

「あなたの遊びココロを
忘れずに本音で生きようね」

になると思います。
LOSERの時もそうですが、
かなり前向きで私達を引っ張っていこうとする
力強いメッセージになっていますね。
歌詞でもそうですが、MVも少なからず監督さんは
米津玄師さんの歌詞を同じ様に
読み解いたという事でしょう。

それらがちゃんと表現されたMVになっています。

米津玄師「POPSONG」のMV最後のシーンの考察

米津玄師_POPSONG_剣闘士をかき分けるシーン
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

ここでラストに向けて進みます。
米津玄師さんは不安や恐怖を強く持っている
奴隷剣闘士の間をかき分けて颯爽と移動します。
後ほどプレイステーションのコントローラーの意味が
分かるのですが、これがまた面白いです。
(後ほど解説します)

米津玄師_POPSONG_最後のシーン

そして、米津玄師さんが大きな重い扉を開けます。

米津玄師_POPSONG_おもちゃの兵隊が出てくるシーン
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

ここで最後のシーンになります。
米津玄師さんは闘技場のドアから抜けた様に思ったら
背景が暗めの空間に入り、
おもちゃの兵隊を見てさよならしながら
ゲームの空間に消えていきます。

▼そして、画面は再び闘技場に戻ります。

米津玄師_POPSONG_剣闘士が見送るシーン
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

遊びを忘れず、本音で自分らしく生きる
米津玄師さんの事を恐怖と不安から
怖がっていた剣闘士達でしたが、
米津玄師さんが一歩踏み出す姿を見て
みんな歓喜の声を上げて祝福しています。

ビビ

やっぱり本当は恐怖と不安の世界より、
本音で自分らしく自分だけの歌を歌う世界に
行きたかったんだね……

そして、米津玄師さんはプレステのコントローラーを
剣闘士の一人に渡します。

米津玄師「POPSONG」のコントローラーの意味とは?

米津玄師_POPSONG_コントローラーの意味解説
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

奴隷剣闘士の一人が米津玄師さんから
コントローラーを受け取ります。

ここもとても重要なシーンですね。
よく見ると

コントローラーに
掘られている模様は翼だった

事がわかります。

そうです。

遊びの象徴、自由の象徴としてこのコントローラーは
描かれていたんですね。

米津玄師_POPSONG_剣闘士をかき分けるシーン
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

翼であるならば、このシーンも納得です。
どおりで普通に歩くよりも速いスピードで
スイスイ移動できる訳です。

それもこれも、

奴隷として生きている中でも
子供の心(希望や本音)を捨てなかったからですよね。

最初のこのシーンと繋がってきます。

米津玄師_POPSONG_ストーリーの意味解説
米津玄師_POPSONG_スパルタクス(剣闘士)の意味解説
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

米津玄師「POPSONG」ラストシーンの意味は?

米津玄師_POPSONG_最後のシーンの意味解説
引用:米津玄師「POPSONG」MVより

そして、こちらのシーンもとても重要です。
左下少し分かりづらいですが、

陸上なのに船があります。
空にはドラゴンも飛んでいて、

奴隷としての内側の世界から、
自由な遊びのある世界

に剣闘士達が歓喜しながら
壁を越えてわらわらと出てきます。

プレイステーションが発信している
「遊び」というメッセージ、
それらはどんな状況でも希望を捨てずに
子供の心(本音で主体性を持って生きる)を
持って生きる事でその遊びの心を使って
自由な翼を使って羽ばたく事ができる。

そして飛び出した外の世界は
とても楽しい、自由なものだという表現でした。

こうして細かく観ていくと、
視聴者に対して力強いメッセージを与える
はちゃめちゃに名作なミュージックビデオ
である事が分かります。

小ネタとしては、

米津玄師が青色、剣闘士が赤色で
任天堂をライバル視したメッセージを込めている
という話が出回っていますが、

それにしては、

最後に米津玄師側(プレステ側)が
剣闘士にコントローラーを渡している事になるし、
辻褄としては合わなさ過ぎるのでこの路線は
無さそうだと個人的には思います。

また、大きな扉から米津玄師さんが出た瞬間に
暗い空間でゲームの中に入る演出も、
結局は、それら全てをプレステ側が解決するぞ!
という意味合いにも見えて、

演出としてかなり上手いですよね。

という事で今回もとても素晴らしいものを
魅せてくれた米津玄師さんでした。

このMVも結局は、米津玄師さんの曲と
歌詞が無ければ成り立たないので

ビビ

やはり米津玄師さん、天才過ぎる……

と改めて思いました。
あと記事するでもない小ネタですが、
米津玄師さんが好きなゲーム、
アンダーテールというゲームの戦闘で
ハートマークが動く時に
ピョロロロみたいな音が鳴るのですが、

その音と恐らく変身シーンの一部の音を
似せて作っている所とかも面白いなと。

MV冒頭や最後の方では
「123!」と叫ぶ様な声も少し入っています。

あらゆる所に小ネタを挟んでますね(^o^)
いやー面白い。

米津玄師さん、スタッフの皆さん
みんな素敵な作品を
ありがとうございました!

あとがき

ここまで読んで頂きありがとうございます。
いやーまとめる方も楽しい素敵なMVでした(^^)

偶然目に入ったもの以外では
なるべく色んな方の考察は見ない様にしながら
進めました。

最近は考察班も増えている様ですね。
そこで、ちょっと他の考察班の方にお願いがあります。

こうしたブログという本作とは別の場所で
考察を楽しみたい人が楽しみたい場所で
ひっそり考察を楽しむ分にはいいと思うのですが、
最近ではYouTubeのコメント欄内で長々と考察を書く人も
色んな作品で増えています。

そうした行為に関してはアーティストや
クリエイターさん達は
純粋に曲の感想を知りたい!見たい!って
場合などがあったら埋もれてしまったりすると思うし、
歌手のみなさんは純粋な感想に辿り着けないですよね。

あくまでもクリエイターの作品発表の場に
自分の考察作品を掲載するのは
ちょっと違うかもと思っています。

動画のコメント欄に長々と考察文章を書いたら、
視聴者の余韻も削れますし、
そのコメントに感想が引っ張られて
考察合戦みたいになってコメント欄が
本来の使われ方をしないですよね。
という事で、

楽しみたい人が、検索してそれぞれ楽しめる様に
別場所で展開するのが一番ベストかなと思っています。

考察を書いたり、発表したい人は
ブログなどを作ったり、
Twitterでそれぞれ感想書いたり、
POPSONGの動画本編のコメント欄ではなく、
別場所で楽しめる様にして頂けたら
有り難いなぁと思います。

あくまでも個人的な意見なので、

ナゾの男

いや!俺は動画のコメント欄にあった方が
楽しいぞ!

って人は強制でもなんでも無いし、
強制力もないので特にその姿勢でいいと思うのですが、
個人的には割と問題意識を感じているので、

賛同して頂ける方はなるべく別場所を意識して頂けると
みんながもっと楽しめるかもなと思いました。

少なくとも私自身は今後も別場所で楽しめる様に
していきたいなと改めて思いました。

とは言え、ただの個人的な意見なので
「自分はそうは思わない」って人は
それで全然OKです。

という事で、今後も米津玄師さんファンの人達が
楽しめる様に、
そして、米津玄師さん自身に対しても
誹謗中傷したり、コラ画像作ったりしない様に
配慮しながら進めていけたらと思いました!

ビビ

みんなが楽しめる様になったらイイネ!

という事で読んで頂き
ありがとうございました!
SNSなどでシェアして頂けると今後の励みになります!
サンクス★

※2月12日追記※

記事中に出て来た米津玄師さんの
POPSONGに関する最新インタビュー記事は
音楽ナタリーさんで読めます。
SNSのくだり等も含めてわりと
考察通りなのではないでしょうか

興味ある人は見てみてね!
参考 米津玄師<br /> POPSONGプレステソングインタビュー音楽ナタリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。