Amazon今日のお宝タイムセールはこちら

惣流アスカラングレー役の宮村優子は元々綾波レイ役を受けていた??!エヴァ開始当時の秘話

エヴァ惣流アスカラングレー役がレイ役を受けていた話のアイキャッチ画像

エヴァンゲリオンの
声優オーディションにて
実は綾波レイ役の林原めぐみは
アスカ役を、アスカ役の
宮村優子は綾波レイ役の
オーディションを元々
受けていたそうです。

ビビ

うぉおおおマジか!

そのデビュー当時のお話を
ラジオでされていたのですが、
かなりビックリしたので、

その時の林原めぐみと
宮村優子さんのやり取りを
そのまま文字起こししました。

結論だけ先に読みたい人は、
次の次、「まとめ」の項目に
肝心なところだけ抽出して
まとめてます。

ビビ

それでは、お二人の会話をどうぞ。

エヴァ裏話アスカ役とレイ役のオーディション秘話

林原めぐみ(綾波レイ役):
「エヴァの最初の最初の最初?
まぁ、なかなか戻って話す事もないですけど、
テレビシリーズの頃ってまだアレだよね。
ほとんどアニメそんなにやってません。ぐらいの
頃だよね。宮村って」

宮村優子(アスカ役):
「全然やってませんって頃で、
本当にお恥ずかしい話マイクの使い方とか
イマイチ分かってなかったんですよ。
だからオーディションの時に、
大体マイクから30cmぐらい離れて
言ってくださいって言われたんで、
私レイちゃん役で受けたんですけど、

林原めぐみ(綾波レイ役):
「えぇええええ〜〜!!私もアスカ受けた受けた!」

宮村優子(アスカ役):
「エッ!そうなんですね!」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「うんうんうん、レイちゃん役で受けたか!!!www
ww」

宮村優子(アスカ役):
「そうなんですよ!ところがー、
私あのーマイクがよく分かってないから、
舞台ずっとやってたから、
なんかこう、マイクに声を届かせなきゃー!!
って思ってー!

林原めぐみ(綾波レイ役):
「うん」

宮村優子(アスカ役):
「あなたは死なないわ!私が守るものー!!みたいな」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「うわぁww レデュー!レデュー!!みたいなw」

宮村優子(アスカ役):
「そうそうそうwwもうほんとそんな感じー 」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「まぁそら外れるわな。ふふふ笑」

宮村優子(アスカ役):
「そうなの、そしたらあのーすいませーん。
もう一役受けてくださいってその場で言われて」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「ああよかった受けておいて」

宮村優子(アスカ役):
「そうなの、そしたらあのーすいませーん。
もう一役受けてくださいってその場で言われて」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「よかった!受けて
おいて!」

宮村優子(アスカ役):
「んでこっちは今みたいな、
元気な感じでどうぞやってくださいって言われて、
それでアスカになったぐらい!、もう全然やったこと
なかったですよ。」




林原めぐみ(綾波レイ役):
「へぇ〜〜!!私はね、ミサトもね〜
アスカも受けててー、自分の中ではどちらかだと」

宮村優子(アスカ役):
「あっなるほど。あれ!レイは受けてなかったの?」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「レイも受けたんだけどー

宮村優子(アスカ役):
「あっはい」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「レイも受けたけど、なんかこう……手応え的には…まっなんでしょうか…
まぁ、当時やっていたスレイヤーズとか……」

宮村優子(アスカ役):
「うんうん、あっ元気なねぇ…」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「いろいろ自分の中のーなんかこう、ね、こう歴史を振り返りつつも、
まぁミサトかアスカかなーぐらいの気持ちでいて、」

宮村優子(アスカ役):
「うんうんうん」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「あのー昔々ね、平成天才バカボンっていうの受けた時に
あのーバカボン受かりましたよって言われて、」

宮村優子(アスカ役):
「バカボンですよね、うんうん」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「まぁ、はじめちゃんも受けていたので、
事務所からバカボン受かりましたよ。ってことは、
番組バカボン受かりましたよって事だと思って、
ってっきりハジメちゃん役が受かったものだと思って。
台本見たらバカボンって書いてあったのと同じぐらいの
衝撃でwww」

宮村優子(アスカ役):
「wwww」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「エヴァンゲリオン受かりましたよって言われて、
台本見た時にレイだった時に、意味が……w
っていうぐらい。ただ、庵野さんの中では、
別の「1月にはクリスマス」というすごい昔にやった
アニメがあって、その役が割とおとなしい役でそのイメージは
あったんだって。」

宮村優子(アスカ役):
「へぇえ〜〜〜」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「うん。後から聞いた話だけど。
じゃあもしかしたら、何、わたしく
私ばっかりが勝手にアスカに行くぞー!
って思ってたけど、レイ依頼だったんですか!みたいな。」

宮村優子(アスカ役):
「レイのイメージがもう、その昔やった役に、
近かったんですか、近かったんですね。
はぁー重なってきた」

林原めぐみ(綾波レイ役):
「少し近かったんだって、まぁ見ると違うんだけど、
でもなんとなくそういうイメージがあったって
話だねぇ…」

宮村優子(アスカ役):
「へぇ〜〜なるほど……」



エヴァ裏話アスカ役とレイ役のオーディション秘話まとめ

まとめますが、

惣流・アスカ・ラングレー役の
宮村優子は元々綾波レイ役の
オーディションを受けていた。

その際に、声優自体はじめてだったので、
マイクの使い方も分からず
マイクから30cmぐらい離れて声を出すのが
通常だったが、勝手が分からず

元々舞台をやっていた事もあるので、
綾波レイのオーディションだったのに
大きな声で「あなたは死なないわー!私が守るもの!」
という様な感じで勢いよく言ってしまった。

これを見た関係者がもう1つの役も受けてみない?
と言ってきて惣流・アスカ・ラングレー役を
進めてきたので、

それに受けたところ、見事アスカ役として合格。

その当時、綾波レイ役の林原めぐみは綾波レイ役の
オーディション以外にミサトとアスカ役も同時に
受けていた。

自分では綾波レイ役よりも、
ミサトかアスカがイケるかなと思っていたところ、

綾波レイ役で合格!!

めちゃめちゃびっくりした!!!

ビビ

という感じのお話でした。

この話、ファンからすれば
めちゃめちゃ貴重な話ですよね!!!
僕自身、放送当時リアルタイムで観てて、
このアニメは青春オブ青春って感じなので、

嬉しいお話でした。ここで、
人生って面白いなと思うのが

アスカ役の宮村さんが
もしも舞台をやってなかったら、
もしもマイクの使い方を知っていたなら、

わざわざ大きな声で叫ばなかったでしょう。
大きな声で叫んだからこそ、
担当は「宮村優子さんはレイじゃなくて
アスカ役が向いてるな……」

っと思っただろうし、

人生って無駄なものなんて、
一つも無いんだなと思えるし、
エヴァファン的にもとても貴重なお話でした。

たまたまネットで見つけた動画に
ラジオの声が入っていたのですが、
こうやって文字にしておく事で、
動画が消されてもまた遡る事ができます。

エヴァオタクとしてはどうしても
メモしておきたい内容なのでした。

ビビ

エヴァ、、もう何回観たか覚えてないぐらい観てる……。
みんなも素敵なエヴァライフを送ってください。
それではまた


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。