トクサツガガガのコミックが「期間限定」無料

荒川ケンタウロスというバンドがダイヤの原石過ぎてやばいんだって!!

荒川ケンタウロスについてのキャッチ画像

なぁ、荒川ケンタウロス
というバンドを知ってるか?

ビビ

なにぃい??知らないだと??

ビビ

こんにゃろおぉお

いやね、最近久しぶりに聴いたんだけど、
やっぱ久しぶりに聴いても
いい感じなんですわ。

曲のメロディ、
キャッチーなサビ、
歌詞、
世界観、
MVのクオリティ

透明感と危うさというバランスの中で
どれを取っても耳に残って離れない。
気持ちのいいメロディ。

商品となる音楽そのものは
とても良いのに、
なぜか街中で耳にしない。
レコード会社さんよ。
ダイヤの原石そのままにしてませんか?

という事で、紹介する。
バンドメンバーの紹介は一番最後。
まずは、音楽を聴いて欲しい

荒川ケンタウロス:ハンプティダンプティ

普通にクオリティ高いと思う。
数年経って聴いてもやっぱり
良いと思える。

ハンプティ・ダンプティの童謡から
富と名誉と金に溺れる王様の
絶望までのストーリーを
センス溢れるメロディで
丁寧に作り上げている。

世界観も素晴らしい。
正直、曲そのものも作り込まれており、
特に突っ込むべきところもない。

YouTubeのコメント欄でも、
高評価な感想の嵐である。

けど、なぜだ。
なぜこんなにも街中で聞かない。

正直、SEKAI NO OWARIと
同じぐらいポピュラーになっても
おかしくない。

荒川ケンタウロス:迷いの森

すごい。どの曲もわざわざ声に出して
口ずさみたくなるような
キャッチーで楽しいメロディ。
歌うのが楽しくなる。

途中の間奏部分も聴いてて心地良い。

MVの世界観も、振り付けも悪くない。
華は無いけど、味はある。
そんなバンドだと思う。

このキャッチー過ぎず、
されど口ずさむ楽しさを残しつつ、
メッセージ性もあり、
かつ少し暗めの絶妙なバランスは
荒川ケンタウロスにしか
出せない色だろう。

荒川ケンタウロス:天文学的少年

今にも壊れそうな儚さの中にある
小さな希望みたいなものが
クリスマスツリーのガラス玉みたいに
きらきら揺れてる感じ。

きっと過去の自分に向けた
ささやかな応援メッセージなんだろうな
という事が予想できる。

だからこそ、人生に戸惑い、
迷いながら、同じ電車、
同じ帰り道を毎日行ったり来たり
過ごして憂鬱な日々を送っている
僕らの胸に刺さる。

しっかり届けたいメッセージも、
少年が迷い藻掻いている日々も、
同列で濃淡なく語られてるのが、
儚さを醸し出している要因だろう。

不思議な雰囲気のある曲だけど、
メロディはやはり口ずさめる程度に
工夫されている。

荒川ケンタウロス:その他おすすめ曲

正直、おすすめ曲はもっとある。
このバンドは外れ曲がほぼ無い。
どれも、味があり、透明感があり、
キャッチーで口ずさんでて気持ちがいい。

他には

  • superstar
  • dancedance or die
  • 重力列車

などの曲がおすすめ。
ほんと外れ曲がない

YouTubeで視聴する時に、
コメント欄を見てみてください。

ほんと、どの動画にも

「なぜ有名にならないのか分からない」
「もっと評価されていい」

などの温かい声で溢れている。

なぜ有名にならない。
マジでそう思う。

荒川ケンタウロスとは?

荒川ケンタウロスのメンバー紹介
画像出典:荒川ケンタウロス公式WEBサイトより

2009年に東京都国分寺市にて
結成された5人編成のバンド。
透明感と危うさを併せ持った
独特の世界観が魅力。
2015年に「玉子の王様」でメジャーデビュー。
口ずさみやすいメロディと
繊細な音色が溶け合う楽曲は、
根強いファンを集めている。

荒川ケンタウロスに物申す

ちょっと言いたい。言わせて。
荒川ケンタウロスはマジで

もっと評価されるべき

曲もセンス溢れているし、
歌唱力も技術も演奏も
全てにおいて何も問題はない。

ただ1つ問題があるとすれば、
売り方だ。

そう、マーケティング力が足りないのだ。
これはもうYouTubeの再生回数と
認知度が物語ってる。

どの曲も素晴らしいし、
ガチでSEKAI NO OWARIぐらいの
認知度には持ってこられるはず。
(ガチのガチです)

今の時代、情報が溢れすぎている。
右見ても、左見ても、
素晴らしい曲で溢れている時代。

昔みたいに待ってるだけの
時代じゃなくなった。
昔はライブをやればよかった。
ストリートで歌うのもアリだった。
YouTubeをアップして終わりで良かった。

けど、今はもう違うんだ。

認知度の高いバンドはそれなりに、
この辺理解しているので、
広報活動でツイッター、インスタグラム、
ライブ配信、何からなにまで
バリバリに動いてる。

曲作りも大事だけど、
こんなに素晴らしい歌があるなら、
なおさら届けなくちゃいけない。
多くの人を励ます事のできる魔法を
そのままにしてはいけない。
過去を無かった事にしてはいけないんだ。

もう時代は変わったんだ。
昔と違うんだ。

ここをガチで真剣に考えて欲しい。
レコード会社を変えてみるのもアリだと思う。
トイズファクトリーや
ビクターエンターテインメントなら
もっと大々的に広報しそうな感じもする。
ここら辺は大人の事情があったり、
自分の知らない部分もあるので、
頭の片隅に入れて置きつつ、
まずはSNSを攻略しよう。

荒川ケンタウロスがやる事その1:フォロワー増やそう

とりあえずSNSを攻略しよう。
まず現状を見てみよう。

ボーカル一戸さんのツイッターアカウント

→フォロワー数1552(1/20時点)

ビビ

少ない……。少ないよ……。

他のメンバーもフォロワー数600〜1000の間だった。

ただ一人だけ。

キーボード担当の場前さんは3000を超えていた。

キーボード場前さんのツイッターアカウント

「今日は鳩の日」というアカウントで
可愛いイラストを頻繁に上げている。

分かってる……。そう、
こういう感じで全然いい。
届ける事ができる環境を
自分で構築するのが大事だから。

たまに荒川ケンタウロスの曲を
RTしている。そのツイートだけで
結構伸びている。

アカウント名もテーマに合わせている。

そう、こんな感じで他のメンバーも
どんどん育てていこ。

特別なキャラとか作らなくとも、
フォロワー増やしたいのであれば、

企画をすればいい。

フォローとRTしてくれた人に
●●します!

というよくあるやつだが、
めちゃめちゃ効果はある。

ツイッターの拡散力はマジで馬鹿にできない。

フォロワー数せめて1人最低1万人は欲しい。
フォロワー数増やす方法とかで
ツイッター検索かけたら色々出てくる
ワイのこのサイト専用の
ツイッターアカウントはサブアカゆえ、
フォロワー少ないのに、
こんな事言うて申し訳ねぇけど、

マジでやろう。これ。
分からなかったら聞いてくれ。
力になる。

荒川ケンタウロスがやる事その2:インスタやろう

インスタをやろう。
なぜキーボードの場前さんしか
インスタやってないんじゃぁああああ!!!

公式用のアカウントはあるっぽいけど、
ファンとしてはスタジオでの練習の合間とか
ちょっとした瞬間を見れるだけで、
楽しかったりする。

1人数人のフォロワーしかつかなくてもいい。
今よりはまだ全然いい。

今は本当に時代が変わったんだ。
ガチで使えるものは全部使おう。
苦手だったら外注してもいいと思う。

あと荒川ケンタウロス用のハッシュタグを
作っておいて、(短めのやつ)

ライブなどでもSNSにアップする用の
写真を撮影させる時間を作ったり、
SNSを意識しよう。

荒川ケンタウロスがやる事その3:YouTubeライブやろう

YouTubeで毎週決まった時間に
ライブ配信をしよう。

弾き語りでもいい。
ゆる〜い感じでもいい。

確実にファンが増える。
一気に数千人とか見る場合もある。

その数千人に手配りで
チラシ配ってるよりも効果が高い。
しかも、無料だ。

何をしている。急いでくれ。
まぁ、挙げていくとキリがないので、
この辺にしておく。

とりあえず、
YouTubeにカバー曲アップするのもいいよ?
確かに素敵だよ。これも新規客獲得に
つながるし、大事。

けど、やっぱ荒川ケンタウロスの
オリジナル曲の魅力がすごすぎる。

こんな武器を持っていて
なぜ大事に倉庫にしまってるのだ。

SNSや動画配信、ライブ配信アプリ、
マジで使えるもの使おう。

まとめ

強い口調になって申し訳ねぇ。
ただ、ガチでいい曲だし、
ちゃんと届けなきゃ。

その曲で救われる人は
沢山いるんだよ。

ホントだよ。

今回書いたこの記事も、
ネタにして拡散する
きっかけにしてもらってもいい。

活動期間の長さと
認知度が比例していないと、
たま〜にひねくれ物が
心ない事を言ってくるみたいな
そんな事例が他のバンドでもよく見られるけど、

もし、そんな心無い言葉をかけられても、
全然気にしないでいい。

戸惑い迷いながら進むことは
カッコイイことだし、
荒川ケンタウロスの曲は
ガチで誇りに思っていいと思う。

という事で、この記事を
ここまで読んでくれたあなた。

今すぐ荒川ケンタウロスの
▼ツイッターをフォローしてくれ。
荒川ケンタウロス公式ツイッターアカウント

公式ツイッターのプロフィール欄に、
他のメンバーのアカウントも全部載ってる。

ビビ

以上、いい曲は広がって欲しい委員会でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。