Amazon今日のお宝タイムセールはこちら

漫画1122(いいふうふ)を読んだ感想。不倫公認の夫婦はどうやって愛を育む?アラサー結婚物語

漫画1122についての記事アイキャッチ画像

ネタバレありの部分と
なしの部分をしっかり分けているので、

まだ読んでいない人でも
安心してこの記事を
読み進められます。

この漫画はきっと
多くの人に響くと思います。
読む人によっては、胸が痛み、
読む人によっては、力になる。

そんな「不倫公認している夫婦」の
loveレスをどう乗り切るのか?
というお話です。

さっそく

  • あらすじ
  • 見どころ
  • ネタバレなしの感想
  • ネタバレありの感想

などなど、

漫画1122を読んだ感想
書いていきます。

漫画1122のあらすじ

結婚7年目の30代仲良しloveレス夫婦、
「いちこ」と「おとや」。

子供はまだ居ないものの、
2人で仲良く暮らしていた。

そんな中レスを解消する為に
選んだ道は「家庭の外」では
自由に恋愛してもいい。

という婚外恋愛許可制度(公認不倫)
旦那のおとやには、いちこ公認の
恋人美月がいる。美月との恋に夢中になる
おとやを見て、いちこには
新たな変化が生まれていた。

「いい夫婦とは何か?」を問う。
30代主婦のリアルな結婚生活ーー。

ビビ

公式のあらすじをもう少し分かりやすく
アレンジしてみたよ。

ビビ

次は見どころを紹介するよ!ネタバレなしなので、
安心しておくれ

漫画1122の見どころその1:見えづらい夫婦の夜事情が分かる

きっと作者の渡辺ペコさんは色々と
取材なりしたと思います。
普段はあまり知る事のできない、
夫婦の夜の事情についてアラサー女子の
リアルな意見がそのまんま描かれます。

※▼画質荒くて見えづらかったらすんません

漫画1122の見どころその1:夫婦事情が分かるコマ1
漫画1122の見どころその1:夫婦事情が分かるコマ2
画像出典:1122の1巻(渡辺ペコ著)

主人公のいちこは「性欲についてほぼ無風」
と答えていますが、
自ら求めるシーンもあります。
このシーン自体も、他のシーンも含めて
描写がとてもリアルで、きっと
主人公と全く同じ心境になった事のある人
とても多いと思います。

他のシーンでもアラサー達の
ガチの本音が生々しく描かれているのが
この漫画の見どころであり
良いところでもあり、

胸が痛くなるところでもあると思います笑。

漫画1122の見どころその2:男性視点もリアル過ぎる

この1122という漫画。
リアルな女性視点だけでなく、
男性視点もめちゃめちゃリアルです。

漫画1122の見どころその2:男性視点のリアルさが分かる本編の一コマ画像
画像出典:1122の1巻(渡辺ペコ著)

loveを拒むシーンです。
この様な台詞、実際に言われた事があります。
めちゃめちゃショックでした。
ほんとに胸がズキッと来る感じなのですが、
この漫画ではそういった男性側の生々しい心境も
逃さず書いています。

この2コマに至るまでのシーンだけでも必見です。

ほんとに同じような台詞を言われました。
男性にとっては抑えられない性欲と
女性側の落ち着いた性欲との
ギャップの差がとても激しいです。
そのギャップが埋まらないと
モヤモヤするもの。

それを、他で解消してきたら?
というその意味は、

「あなたとその問題について
向き合うつもりはない。
自分でそのモヤモヤをどうにかして」

という事です。

一途な男性側からすると、
目の前のパートナー以外とはしたくない。
けれど、目の前のパートナーは
他でやって来いと言う。
けど、性欲が収まる事はない。

好きでも嫌いでもない人に
そのような行為をされてしまう。

というのは、苦痛だと思いますが。

その様な苦痛を味わってこい。
と言っているのと同じです。

言葉の暴力とでも言っていいでしょう。
とても苦しい心境です。

だからこそ、パートナー同士loveについて、
今はどのような状態なのか?
トコトン話し合う必要が
あるのだと思います。

その様な、もう現実そのまんまの
リアルな描写があり、

自分の恋愛を客観視して見る事ができる
そんな漫画になっていて、
人によっては見たくない部分を見せられて
苦しくなる人もいるかも知れませんが、
何かしらの発見はあるはずです。

漫画1122の見どころその3:選ばなかった恋愛が見られる

この漫画はパラレルワールドの
様なものでしょうか。

私達が選ばなかった一歩先の
世界にいる夫婦の恋愛を見る事ができます。

loveレスの夫婦に起きる問題や、
家庭外での恋愛を認めた夫婦が
ぶつかる問題など、リアルな問題が
▼このように生々しく展開されていくのですが
(女性の愚痴加減なんかもとてもリアル)

漫画1122の見どころその3:恋愛の一歩先をいく新しい選択肢が分かる一コマ画像
画像出典:1122の1巻(渡辺ペコ著)

どれもこれも、

多くの人に当てはまる問題。
それでいて、問題解決のために
多くの人が選ばなかった道を

主人公が歩んでいます。

なんと2004年〜2016年にかけて
16歳〜49歳の男女を対象にしたアンケートでは
loveレスについて以下の様な結果が出ています。

夫婦についてのアンケートグラフ図

画像出典:漫画1122の1巻:一般社団法人日本家族計画協会による
「男女の生活と意識に関する調査」より

ほぼほぼ半数近くの夫婦が、
このloveレスについて
問題を抱えている事になります。

これはとんでもない数字です。
誰にとっても「関係ない」とは言えない数字。

みんな問題を抱えているんです。
けれど、それを解決する手段を苦肉の策で
実行した場合は「不倫」という形や
その他様々な形で罰せられる事になる。

そんな中でこの主人公のいちこは、
「家庭外では自由に恋愛してもいいよ」
という許可をするのです。

とても勇気がいること。

それを実践している実践者の生の問題を
変に誇張するでもなく、
漫画っぽく冗談にしてごまかすのではなく、
この作者の場合は真っ向勝負で描いています。

嫌なところも全て、
そのままのリアルを
描き切ろうとしています。

なので、

現実に存在する夫婦の生活を
そのままのぞき見している感覚になります。

そうして、覗いているうちに、
主人公と同じ様な一歩を踏み出す人居れば、
嫌悪感で読めないという人もいる。

みんなが胸の内に抱えている問題を、
主人公はもしかして解決するかもしれない。

そんな一歩先の選択をしている主人公の
人生をお茶の間で覗き見できるのは
この漫画ならではでしょう。

漫画1122のネタバレなしの感想と、思うこと

この漫画、嫌悪感抱く人がわりと沢山居るのですが
正直、もし主人公のいちこが選んだ選択。
例えば「家庭外自由恋愛」。

感情論抜きにしてその
選択肢がもし正解だった場合に、

その「嫌だな」という
固定観念が原因で問題解決への
糸口がつかめなくなっているのかもしれません。

嫌悪感を抱く人ほど、
しっかりと読み進めて欲しい。

そう思いました。
だって、自分と考えの違う人が恋愛をしている。
その姿や人生を、ページをめくりながら
感じる事ができる。

同じ考え方をずっと変えずにいる人達は、
どの世代も割とヤバイ感じになっています。

例えばこんな人達です。

  • クレームばかり言う老人。
  • 子供生め生めとばかり言う姑。
  • マナーが大切だと言って無駄なルールを作るマナー講師
  • 好き嫌いダメゼッタイを掲げて、
    子供に無理やり嫌いなものを食べさせ、
    登校拒否に陥れる先生。
  • 謎の校則で生徒をしばる学校

もう色んなヤバイ人達が他にも居ますが、
こういう人たちは、ヤバイ感じに
なっているのにもかかわらず
新しい考えを取り入れる事もせず、
アップデートしてこなかったおかげで、

自身がヤバイ事にすら気付いていません。

嫌悪感を覚えてもうこれ以上読まない!!

と言っているという事は、
新しい考えがそれ以上入ってこない訳です。

このアップデートのしなさが原因で
マジでヤバイクレーマー老人に変化していきます。

これは恐ろしい事です。

別にこれはこの漫画に限らず、
例えば、同性愛者や女装男子。
などなど他の様々な出来事にも
共通して言える事です。

今回は、流行りモノの音楽や
映画なんてものじゃないです。

この国の結婚している男女の約50%が
陥っている問題なので、
夫婦にとって関係ない人の方が珍しいです。

未知のものを否定するのはカンタンで、
受け入れるのは難しい。

新しい恋愛の形を取り入れて
先へ進む主人公の物語を
少しばかり垣間見てもいいのでは?

っと強く思います。

ビビ

次はネタバレがあるよ。
気になる方は次だけ飛ばしてね。

漫画1122のネタバレありの感想

主人公いちこの旦那である
「おとや」の不倫相手の
美月についてですが、

この美月に対しても色んな批判コメントがありました。
大体が「子供を預けて不倫するなんてあり得ない」
という感想でしたが、ほんとに言いたいです。

この美月を批判できる人はきっと
幸せものの部類です。

世の中にはストレス発散できる場所が
一切ない人が少なくないです。

大きなストレスを発散できなかった人は
子供を虐待したり、犯罪に手を染めたり、
育児放棄したり、自ら命を絶ったりと
色んな未来が待っています。

これはガチです。

自分は苦しい中頑張った!!だから、
美月も同じぐらい頑張れ。
とかそういうのも、ほんとに全然違くて
人それぞれ心の容量が違うので、
そういうのも人それぞれだよ。
としか言えないです。

そんな中、「おとや」と出逢って
最悪な結末が不倫で済むなら
まだ全然マシだなと思います。

だからと言って不倫はダメ!!

という人も居ますが、

じゃあ最悪な結末を迎えろと?
自らあの世界へ行くことねという事?

っと、心の余裕の無さがあらゆる
最悪の結末をもたらす事について
しっかりと把握している人は、
決してそんな事気軽なこと言えません。

マジで心に余裕がない人は、

生きるか、自らあの世界へ行くことぬか?という状況なんです。

一般的に決められているルールを
破るのは確かにダメですが、

それを破る事で救われる命もマジである。
これは、きっと自らあの世界へ行くことというものが
本当に近くにあった人しか理解できない
かもしれないです。

だからと言って、「ルールを破っていい訳じゃない」
きっとルールを破る選択をする人は
そんな事百も承知の上ですよ。

だからこそ、じゃあどうするべきか?
を考えないといけない。

「ルールを破ったらダメ!破ったものはアウト」
という様な思考停止はなんだかなと思う訳です。

例えば、

パンの画像

貧しい国でパンを万引きする少年が居たとします。
その子は、パンを食べないと
今にも餓自らあの世界へ行くことしてしまいます。
その少年はとうとうパン屋さんから
パンを万引きしてしまいました。

さて、これは悪い事でしょうか。

悪い事である。

それは誰でも分かっています。
そんな中で、その選択をしないと
命を失う状況でした。
その様な状況下にあったときに、

パン万引きするのはダメ。
ダメだからダメ。はいダメです。
終わり。

っという感じで少年に石を投げつけても、
それでは、結局根本的な問題と
何も向き合ってない訳です。

少年の場合は命を失うでしたが、
美月の場合は

心が壊れる。もしくは、命を失う。
もしくは、自分の子供に手を出してしまう。

その様な状況でしょう。
ここまで書かないと分からない訳ですよ。
だからこそ、すぐに否定したり
するのは危険なんです。

という感じでちょっと長くなりましたが、
この漫画の問題は、他のあらゆる社会問題と
地続きでつながっています。

なぜそうなっているのか?
嫌悪感抱く!だから見ない!
理解できない!だからお前は悪。

とかじゃなく本質を見て欲しいな
と思いました。

あとがき

色々と書きましたが、
既にあとがきに書く事も
書いちゃいました笑

キャラクターも丁寧に描かれているし、
絵柄もいい感じです。

人間描写や人そのものに焦点を当てているからか、
コマ割りや魅せ方の点は、
可もなく不可もなく普通な感じでした。

けどまぁ、普通に楽しめる作品だと思います。
正直、ドラマ化や映画化、
実写化はいつかされそうだなと思います。

扱うテーマも多くの人に
当てはまるテーマなので。

という事で、

漫画1122の感想でした!

▼僕の場合はコミックで読みましたが

こちらのU-NEXTだと
▼1巻分無料で読めます。



その他、人気のアニメ、映画、アニメ、
ドラマが見放題。雑誌も70誌以上読み放題、
毎月もらえる1200ポイントで
新作映画がレンタルできたり
映画館のチケットも買うことが可能です。

どちらにせよ

31日間は無料体験できるので、
31日以内に解約すれば、無料です。

解約の時に迷わない様に、
以下の解約方法が書いてある
ページをセットで
ブックマークしておくと便利です。

解約手順が書かれたページ

U-NEXTを無料で試してみる

ビビ

長々と書いたけど、
ここまで目を通してくれて
ありがとうございます。
何か心に触れるものがあれば、
シェアなどして頂けると嬉しいです!

ビビ

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。